婚活を始めるなら心しておきたい3つのこと


婚活においては結婚がゴールなのですが、あなたの人生において結婚はスタートにすぎません。
そんなことは当然分かりきっていることなのですが、婚活サイトなどでお相手のデータを眺めていると、年収や職業などに目が行きがちになります。
結婚するにあたってお金はあるに越したことはありませんが、お金があるだけで性格の合わない人とこの先何十年共に過ごす苦痛はそうぞうを絶する苦行でしょう。

結婚とは家と家が繋がること

婚活サイトを通じて見事、結婚できたとして、あなたの生れ育った家庭とお相手の生れ育った家庭にはどの程度の格差があるでしょう?

例えば、結婚のお祝いに相手の両親は100万円包んでくれたのに対して、あなたの両親は10万円だったとして肩身の狭い思いをするでしょう。

逆もしかりで、相手に肩身の狭い思いをさせてしまうことになります。
そういったことが結婚だけでなく、出産祝い、子供のお年玉、ちょっとしたお小遣いなどに反映して付きまといます。

職業はあてになりません

昨今、大手企業も倒産しますし、吸収・合併・統合などで簡単に出世コースから外れてしまうことも多々あります。
激務によるストレスでお相手が会社を辞めるかもしれませんし、また、中小企業のサラリーマンでも独立して成功するかもしれません。

年収は一番最後に

サイトや相談所で出会って、実際に会って「いいな」と思う人を数人確保してからそれぞれの年収の一番高い人を選べばいいのですが、年収ありきで選んでいるといつの間にか登録して数年過ぎているなんてこともあります。
2015年のデータで年収1000万円以上の人は4.37%しか存在しないのです。

最後に

婚活サイトや結婚相談所などを利用すると、どうしても相手探しがゲーム感覚になってしまいます。

逆を返せば、ゲーム感覚で婚活している人も少なくないため、上記を踏まえて「結婚した後の生活が想像できる人」を見つけることができれば、同性のライバルたちより頭一つ分リードできるでしょう。